2011年 5月 10日 火曜日

こんにちは。渡邉です。

GWも明けて、少し落ち着いたところです。皆さん、いかがお過ごしですか?


経営者というのをやっていると、いろんな情報にあったり
いろんな成功者に会って、考え方を聞いたり、いろんな出来事があって
それを分析したりすると、共通項があって、それが成功法則だなぁと思うことがいくつかあります。


本を読んでも、結局は同じようなことが書いてあったりすることがあります。
その人のプロセスが違っていて、根本にあるものは同じだったりします。


成功法則とは



「○○になりたい」という思いを持ち続けたか、
それを実現するために、「実行し続けたか」(諦めなかったか)
さらに、今の現状に満足せず、変化し続けたか


「失敗を恐れずに行動し続ける」

とも置き換えれると思います。


なんだ、やればいいだけじゃん。簡単じゃん。
そんなものが法則かよ!とか思う方もいると思います。


そうなんです、一見簡単に見えるんです。
とにかく、やってみることが大事なんです。


「百聞は一見にしかず、百見は一行にしかず」


やれば聞くより1万倍、経験値が高い。(言い過ぎかもしれません^^;)


じゃあ、なんでみんな分かってるのに、成功できないのかと思いますよね?
僕も思いました。考えました。


この「実行する」が特にくせ者だと思うのです。



僕は猫が好きなのですが、猫って変化を嫌う動物です。
縄張りを1日見回って、他の猫がいたら追い払ったりします。
家に帰って、餌もらって、寝たり、飼い主に甘えたりのループ。

動物的本能として、死が一番怖いと思います。


で、動物の世界、いつ天敵に殺されるか分からない世界。
それが僕たち人間にも原始時代からずっと残っているはずですよね。


いま、生きていられる、この環境から
「死」が待っているかもしれないまだ見ぬ環境へ移る決断。
それは、動物的本能に反していると僕は思います。


だからこそ、「失敗」があるかもしれない「決断と実行」が出来ない。
動物的本能では、 失敗=死 ですから当たり前のことです。


そう思いました。


「失敗を恐れずに実行する」という本能に反した行動ができる人が
世の中にはいます。しかし、少数派です。


そういう人は、どうして「失敗を恐れずに実行する」出来るのかを考えてみました。


僕が今までに出会った一流経営者に共通するのは、精神力がタフであるということ。
強靱な精神力が、本能を凌駕する。そんな感覚です。


精神力の鍛え方なんてものは、僕は分かりません。
ただ、いろんな経験すると、自分に自信が付きます。
自分に自信があれば行動しやすいと言えそうです。



あ、そもそもいろんな経験をするために、行動が必要だな…^^;
これじゃあ、答えにならない。



行動がなかなか出来ない人ができるようになる方法はあるのか?
うーん。僕の場合は、どうだったかなぁ~。



1つあるとしたら、退路を断つ!!
もうやるしかないって状況・環境を先に作る。



そうしたら、本能が嫌だといっても、やるしかない。
より成功に近づくために、実行力を上げていきたいですね。


成功者になるためには、皮肉にも生存率を上げるための人間の本能が邪魔をする。
あー、人間って面白いなぁと思った雨上がりの午後。