2010年 10月 28日 木曜日

こんにちは。渡邉です。

読書の秋ということで、スラムダンク勝利学という本を読みました!

slamdunk
スラムダンク勝利学 (勝利学シリーズ)

スラムダンクは、いわずと知れたスポーツ漫画の金字塔。
僕にとっても非常に思い入れのある漫画です。

Read the rest of this entry »

2010年 10月 26日 火曜日

こんにちは。渡邉です。

経営者として、偉人の言葉や偉業をよく目にしますし、アンテナを張っていますので
様々な情報が入ってきます。

それでよく思うのが、タイトル通りの感想。

一流経営者であれば、どんなに業績が悪い会社でも復活させてしまうだろうなぁ。と。


一流と呼ばれる経営者の方が一度就任すれば一気に組織が変わる。
実行されることが変わる。

Read the rest of this entry »

2010年 10月 25日 月曜日

こんにちは。渡邉です!

最近、上海いったんですねとか、どうでした?とか聞かれます。
こんな自分のために書いてるようなブログを見て頂き、恐縮です。
(このブログは、数年後、自分で読み返して当時と今の思考に差が出るかの
 判断材料として、書いてるのが主目的です)

見られてると感じると、俄然出来るだけ多くのことを書いていかねばと
思ってしまいますね。といいつつ、書きたいことしか書きませんが^^

Read the rest of this entry »

2010年 10月 17日 日曜日

こんにちは。渡邉です。

「HAPPYをつなぐ」


これがうちの理念です。
うちの会社の看板にも名刺にも入ってます!

情報通信革命でHAPPYをつなぐ が現在のビジョンですが、
なぜ情報通信革命を外したのかというのは、1000年企業を目指しているため
途中で情報通信では通用しない時代がくるだろうと考えているからです。


つながりは、とても大事。このことに対する異論はないと思います。
人はつながらないと生きていけない。つながりたがる生き物です。

その根本的な人間の要求を、満たせる会社になりたいと思っています。


「つながり」って、ただつなげばいいのでしょうか?



僕は、うちの会社が作ったものによって、つなげたものが、
ずっとつながり続けたら、素晴らしいなと考えました。
それがうちのお客様にとって一番嬉しいのは間違いないと思うのです。


つながり続けるために必要なものって何でしょう?



ビジネス用語では、WIN × WIN という言葉が近いのですが、
WIN って勝利って意味ですよね。人のつながりに、勝負めいたものはないなと
思いました。よりイメージが合うのは、「HAPPY」だと考えました。


お互いが「HAPPY」であれば、つながり続けます。


しかし、このお互いがHAPPYという関係、実は絶妙なバランスの上に成り立っているのです。

お互いが信頼関係を築くことも大切です。
損得抜きに、HAPPYに相手をしてあげたいという気持ち。
HAPPYにしてもらったら、相手にその喜び・うれしさを伝える。
当たり前の関係と言えばそうですが、今の世の中、なかなかこれが出来ていません。

「HAPPYをつなぐ、HAPPYはつながる」


このことを持ち続けていきたいと思いますし、
社員にも伝えていき、同じビジョンを持ってもらえたらと思います。

WS000000

2010年 10月 9日 土曜日

こんにちは。渡邉です。

その2からその3になるまでなんと1週間(汗
放置プレーしてしまいすみません。農商工連携セミナーがあり、ちょっとバタバタしてました。

さて、その3は、ついに上海万博!

IMG_2866

入口ゲートが込んでます。入るのも大変です。横入りも結構あります。
上海万博は9割が中国人でした。意外と海外からの観光客少なそう。

IMG_2889

最初にいったパビリオンは、情報通信会館みたいな名前の所。
職業がら、今後のICTがどういう方向に行くかは見ておかねばなりません!

内容は、ICTで世界が近くなり、簡単につながりやすくなるよ、夢をかなえられるよ
といったものでした。受付時に、DSのようなタッチパネルの機械を渡され、それで
日本語訳がされたり、プレゼントをICチップのタッチ機能で集めたりするのですが
日本においては実用化されている代物なので、全然驚きはなし!残念。

IMG_2890

いろいろ入りたかったのだけど、どれも待ち時間が長すぎて、外観を眺めるだけ。
これは、フランス館です。芸術に触れたかったけど、スルー。

IMG_2892

どれもこれも外観はとても立派!写真では伝わらないと思いますが、どでかいです。

IMG_2893

インパクト絶大のイギリス館。外見だけで内容はないようなのでスルー。

IMG_2916

アメリカ館!ここは、やはり世界の中心アメリカということで入ってきました。
待ち時間は、1.5時間ぐらいだったかと思います。
入口で陽気なアメリカ人がダンスをしていたのですが、待ち疲れていることもあり、苦笑でした。

内容は、ほとんど映像で、内容はついにアメリカも環境に目覚めたかという印象。
日本の方が、圧倒的に環境に対する方策は進んでいますね。
映像美はさすがですし、最初の方でオバマが出てくるのもよい演出でした。

IMG_2925

万博のテーマ館にも入ってきました。
とても巨大な建物なのですが、中身はしょっぱいです。
待ち時間もほとんどなく簡単に入れました。

テーマはやはり環境で、都市と環境をどう結んでいくかがテーマなのですが、
意味不明なオブジェが多数。

IMG_2935

出ました、中国館です。
でかさがハンパないです。なんと待ち時間は4時間。悔しくも断念。


上海万博を行ってみた感想は、とても広く、スケールが大きいこと。
会場面積は約5平方キロメートル。場内は、バスで移動します。

環境がテーマということもあってか、あまり革新的な技術はなく
環境技術が進んでいる日本人にとっては、なんてことはないです。

外観は素晴らしいけど、中身が薄い。そんな印象です。
こう評してしまうと、いかないほうがよいと思われそうですが
やっぱり雰囲気やスケールを見ておいてよかったと思っています。


夕方からは、中国でショッピング。
案内は、中国に住んでいる友人にして頂き、大満足のショッピングでした。
それにしても中国人の方、日本語上手だなぁ。

夕食も、人気小籠包店へ連れて行って頂きました。
ツアーではない食事は初だったのですが、おいしさのレベルが
全く違いますね。日本人街のそばにあり、周りのお店もおいしいとのこと。

その後、ホテルに帰って、就寝。
翌日は、午前からすぐに空港でしたので特に何もありませんが、
尖閣諸島問題があったにも関わらず、上海では大きなトラブルもなく
安心した旅行でした。どうやら地域によって、捉え方が中国人は違うようです(上海は親日)。

あっというまの旅行でしたが、非常に充実した旅で、心身共にリフレッシュしました!