2009年 6月 12日 金曜日

下の記事にあるように、うちでもホームページの制作において、定額制という初期費用と運用費用を定額にするサービスを行っています。

全国多数ある制作業者の中には、月×万だけでHPが持てますよという会社が多数ありますが、一部の会社で契約期間が5年でリース契約が必須になっているところがあります。

車など高額設備のリースは理屈が通るのですが、HP制作でリース契約というのがどうにも解せません。
というのも、サービス内容にページ追加や変更費用が含まれている(さらにその金額が多く上乗せされている)ためです。

リース契約した瞬間、リース会社からその会社には数年分の費用が回収されます。
ということは、それ以上顧客満足度を上げようが上げまいが、その会社にとっては5年は売上に貢献しなくなってしまいます。
だから、新しい顧客の新規獲得にばかり力を入れるという連鎖がおきます。

私はビジネスとは本来、お客様の利益に貢献することだと思うのです。
ですが、上記ビジネスは自社の利益を追求しているように見えてしまうのです…

もちろん、全てのリース契約を薦めるHP制作会社が上記のような対応となるわけではありません。

HP制作のリース契約の提案があった場合は、その会社の本質を見極めてほしいと思います。

2009年 6月 2日 火曜日

こんにちは。渡邉です。

先日、社員からサーキュレータの導入提案があり、早速購入してみました。
(私自身サーキュレータという代物自体知らなかったんですが、
 空気を循環させる扇風機のようなものです)

買ったのは、ボルネード社の 630-J。

1
ちょっとごっつくて、アメリカンな感じがGood♪

説明では、

夏はエアコンなどの設定温度を通常より2-3度高く、逆に冬は2-3度低く設定しても快適に過ごせるようになります。

実現できれば、「エコ」ですね!